勃起不全でバイアグラを使用する時に注意したい偽造バイアグラの安全性とは?

勃起不全でバイアグラを使用する時に注意したい偽造バイアグラの安全性とは?

勃起不全(ED)に陥った場合に服用するバイアグラですが、そもそも勃起不全とはどういう状態を言うのでしょうか。勃起不全(ED)とは、性交渉をする際に十分な勃起が得られない場合、勃起の維持ができないために性交渉を行えない場合を言います。

 

このような場合には、心理的・肉体的さまざまな要因が考えられます。その治療として処方されるバイアグラですが、最近では個人輸入などによるものが増えてきており、そのなかにはニセモノも含まれています。

偽造バイアグラの安全性

アメリカ製薬大手ファイザーは、英国で2005-2009年に押収された「バイアグラ100mg」と表示された偽造バイアグラには、有効成分であるシルデナフィルがきちんと入っていなかったことを発表しています。なんと有効成分が規定値まで入っていたのはわずか1割でした。

 

なお、国内正規品においては、「バイアグラ100mg」というものはありません。海外の調査によると、有効成分が入っていないだけでなく、医薬品成分以外の異物や全く異なる医薬品成分、はては覚せい剤まで入っているものもあったようです。

 

このような成分により構成されているバイアグラが安全なわけがありません。しかしながら、偽造バイアグラは正規品と同等程度の量がインターネットなどを通して流通していると言われています。

 

仮に、持病などを持っていた場合、思いもかけない成分が入ったバイアグラを服用してしますと、最悪の場合には死にいたるケースも考えられます。

 

実際に2008年5月現在において重篤な状態になっているケースは存在しており、また2名の死者が出ています。このような被害に遭わないためにも、正規のルートでバイアグラを処方してもらうのが安全と言えるでしょう。

 

勃起不全を治すために命をなくしていては、笑い話にもなりません。バイアグラは、内科または泌尿器科を受診し、血液検査や心電図などの検査で異常がなければ処方されます。

 

また、検査の際にEDの合併症を発見できる可能性もあるため、そういった意味でも検査は有用です。薬というものは毒にもなることを忘れてはなりません。

 

勃起不全克服ナビ | 50代から勃起不全(ED)回復を目指す!

関連ページ

亜鉛が勃起不全に働く!?健康的な生活を送るためには亜鉛が必須!
歳をとると、身体も疲れやすくなってしまいます。若いころに比べると、動くのも億劫だと言う人も少なくありません。しかし、ずっと動かないでいると、余計に身体が硬くなってしまいます。この疲れやすさの原因ですが、近頃では、食事の変化が大きく関係しているとも言われています。私たちの食事が欧米化していることで、肉などを多く摂取したり、インスタントやレトルトを多用することも増えています。そのため、栄養バランスが崩れ、身体の細胞の老化を進行させてしまうのです。このようなことから、普段の食事には注意しなくてはいけません。
勃起不全に良い、安心安全精力増強成分マカについて知ろう!
マカは天然のバイアグラと言われています。即効性はバイアグラほどはありませんが、野草であるマカはバイアグラのように心臓病の人が飲めないこともありませんし、副作用もほとんどありませんので心配せずに使うことができます。精力剤として優秀である以外にも、疲労回復や集中力アップに効果的なマカを日常に取り入れることにって、心身共に健康的にハツラツと過ごすことが出来るでしょう。
男性更年期障害になると勃起不全などの症状も出てくる可能性があります!
更年期障害と聞くと女性だけのものというイメージを持たれる人は少なくないと思います。女性の場合の更年期障害は主に女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少によるものと言われておりそれによって身体の様々な機能が低下してしまうというものです。しかし女性にホルモンの変動があるのと同じように男性にもホルモンバランスの変化はあります。なので女性と同じようにホルモンバランスが乱れて更年期障害を引き起こすことも十分に考えられます。では男性更年期障害の原因と主な症状をご説明します。